ニュージーランドのワーホリビザを自分で取得してみよう!ポイントは、【手順と健康診断】

ニュージーランド ワーホリ

ゆーしです。

 

2016年に僕はニュージーランド(以下NZ)へワーキングホリデーに行きました。

広大な地で体験した一つ一つは色あせずに残っていて、濃厚な出会いと最高すぎる体験をし、1年3ヶ月もいましたよ。

 

このブログをみている方で

 

「ワーホリ興味あるけど、手続きめんどくさそう」

「でもお金ないし、英語も自信ない」

 

もしそんなイメージを持っているのなら、そのイメージ捨てましょう

そして、ワーホリビザ申請を自分でやってみましょう

 

これを見れば、NZワーホリビザ取得出来ますし、自分で申請する事で行く前からお金を節約出来るメリットもあります。

 

最初にお伝えしておくと、自分自身で申請するのに気をつけるポイントは順番(JUNBAN)ですw

 

それでは、ワーホリビザ取得NZ編をお伝えして行きます。

 

 

 

ワーキングホリデーとは?

 

ワーキングホリデー(以下ワーホリ)とは、海外で働いたり勉強したり旅したり出来るビザの種類。

ここで言う「働く」とは、雇用形態がアルバイトでビザ取得自体はハードルが高いわけではありません。ビザの有効期限は、発行してから1年なので気をつけて下さいね〜。

 

日本のワーホリの歴史は長くて、1980年に最初にオーストラリアと協定が結ばれ、ニュージーランドは1985年から結んでいるみたいです。意外にも歴史は長いんだなーと言うのがわかります。

 

ワーホリの条件

国によって条件は異なりますが、共通しているのは以下の通り↓↓

 

・30歳以下

・健康

・30〜50万円の資金がある

預金証明書が必要な所もあるので、嘘はつけません!

 

ワーホリビザは労働ビザとは違い、取得できる条件が厳しくないのでチャンスは広がります。

それでも海外で仕事探すのは簡単ではないですが。

 

 

ワーホリ実施国

 

21カ国に行けるチャンスがある

working holiday

出典先:日本ワーキングホリデー協会

 

 

思いの外ワーホリできる国多いですね。きっとこれからもどんどん増えてゆくんでしょうね。

チリ・アルゼンチン友達多いから行きたかったな〜。

関連記事:【国境を越えて】海外生活で体験した最高の1日:そして僕はChileanになった。

 

 

はい、ここまでは『ワーホリ』についてお伝えしてきました。

次は「ビザ申請のあれこれ」を書きます。

 

ビザ申請はせっかくなので、自分でやってみましょう。代行業者に頼まずとも、自分でも出来ちゃうのでいってみましょう!

 

 

ワーホリビザ申請

 

NZのワーホリビザは無料で申請出来ます。

健康診断を受診する際にお金がかかりますが、後ほど説明いたします。

 

ビザゲットまでの流れ

ビザ申請(一時保存)→健康診断を予約する→ビザ申請完了→航空券購入→健康診断受ける→晴れてビザGET
と言う流れになります。

 

ゆーし
やること多そう、、

大丈夫です、一つ一つ焦らずじっくりやって行きましょ♪

 

まずは、NZ移民局サイトにいき登録をし各フォームに入力をしていきます。

こちらを参考にして頂きながら進めて下さい。とてもわかりやすく載っています。

留学ワーホリのサザンクロス

 

※移民局のログイン番号は控えておいて下さいね。

 

注意
入力を進めて行くと途中で「指定する病院への電話確認」と出てくるので、そこまでいったら”セーブするボタン”があるので必ず“セーブ”して下さい。 

 

セーブをせずに飛ばして、最後まで申請してしまうと大変なことになります!

 

場合によっては、

 

ビザが発行できなくなリマス

 

ゆーし
ちーん

 

申請してから15日以内に健康診断書を提出する必要があります。 

つまり、健康診断を受ける日・予約の目処が立たない事には最後まで申請が出来ないんです。

 

なので、

必ずセーブする!

 

焦らずに進めていけば問題ないので、ゆっくりやっていきましょ。1時間もあれば終わります。

 

健康診断の予約が取れたら

 

移民局サイトへ再びログインして、最後まで申請を終わらせます。

申請完了後には、提出する診断書のメールが来ます

大体の方は、X線検査を受診します。

受診後の診断結果は、指定医から移民局へ直接オンラインでのやりとり・提出するので書面でのやりとりはありません。

 

メールがくるのを待つだけになります。

 

Check
健康診断の予約が2週間以上先まで取れない場合は、待つ必要があるので無理にビザ申請を進めないで下さい

また移民局からのメールが届かない場合は、「迷惑メール」に届いてる場合もあるので、一度チェックしましょう。←僕はこれでしたww

 

 

健康診断

聴診器

 

予約が取りづらい

いざ健康診断を受けようと思っても、時期や場所によっては予約がかなり先になるなんて事もあります。

申請する中で一番ここが時間かかるかも。

 

なので、必ず指定された病院に電話しいつ予約取れるか確認して下さいね。

▶︎指定病院のリストはこちら

 

なんせ受診まで時間がかかるので、その日まで出来ることをしましょ。

 

 

 

航空券をとる

airport flight transport

 

ビザ申請と健康診断の予約が済み、診断まで時間があるので航空券を手配する・チェックして行く日を具体的に決めましょう

航空券は行く時期・航空会社によって大きく値段が変わって来ます。

 

出来るだけ安く航空券を手に入れたい方はこちらを参考にどーぞ!

▶︎知っておくと得する航空券の取り方【スカイスキャナーの裏ワザ】

 

値段なんて気ならん早よ行きたいんよって方は、素直にAIR NEW ZEALAND使っちゃいなよ!

 

ゆーし
ニュージーランド産のワイン飲み放題だよ

 

 

健康診断を受ける

 

いよいよここまで来ましたね、お疲れさまです。

あとはもう受けるだけです!

 

因みに、受診料は1〜2万。(病院によって違うので確認してください)

 

受診後は1週間〜10日程で指定医e-Medicalからメールが届きます。

PDFファイルを確認した後、「NZERナンバー」と言うのを控えておきましょう。

 

健康診断に問題がなければ、移民局から「ビザ発行しましたよ〜」とメールがくるので、晴れてNZビザ取得となります。

 

おめでとうございます!!

 

 

まとめ

 

自身でビザ申請をしてみていかがだったでしょうか?

案外めちゃくちゃエネルギー使いますよね。

 

ただ、自分で最後までクリア出来た時の達成感は半端なく大きな物があるはずです!冷静にひとつづづクリアしていければ初めてでも出来るんです。

ハイパーウルトラ←死語?w心配性な方は代行業者に頼むのも良いと思います。ですが、この先やるべき手続きや旅に出たら大変な事なんてたくさんあるから、経験とネタになるので慣れときましょ

今はとりあえず、自分を褒めて下さい

 

これまでのビザ申請をまとめると、

ビザ申請(一時保存)→健康診断を予約する→ビザ申請提出→航空券予約→健康診断受診→メールが来てビザGET

になります。

 

 

 

これで、NZへ向けて第一歩踏み出した事になります。

踏み出したら、あとはもう突っ走るだけです。

 

NZワーホリ楽しんで、行ってらっしゃい。

 

(わからない事があればなんでも聞いて下さい。)

 

ゆーし

 

関連記事:【大人も楽しめる】平成最後の夏は思い切って、ニュージーランド・『ホビット村』に行くしかない!!

 

関連記事:【憧れから現実へ】海外で友達をつくる方法を、ゆーし目線でまとめてみた。

 

0




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

好きなことを発信しようと思いブログを始めました。当ブログ『ヒトツナソラ』を運営。「30代からでも好きな事を自由に!」をコンセプトに。海外サッカーと旅と自然と苔を愛してます。