海外出発前に必要な手続き〜ワーホリ編〜

NZ 手続き

こんばんは、ワーホリアドバイザー・ゆーしです。

 

夏の風物詩・セミが自宅のベランダに入って来て、最後の力を振り絞り一生懸命鳴いています。大音量の傍らお届けして行きますww

 

前回は、ワーホリビザを自分で取得する方法を書いてのですが、

関連記事:ニュージーランドのワーホリビザを自分で取得してみよう!ポイントは、【手順と健康診断】

 

今回は、誰もが面倒くさいと感じる

 

出発の前に必要な役所手続き諸々

 

をお伝えしていこうかなと。

 

ぶっちゃけ面倒くさいですよ? こればかりは代行業者に頼むわけにはいかないので自分でやる必要があります。

 

ただ、最初から何をどうすればいいか把握しておくと1回役所に行けば半日で終わります!

(時期によっては役所も混んでいますのでご了承ください。)

 

まーでも、これも前回同様ゆっくりやっていきましょ。

 

元・役所勤め(公務員ではない)がアドバイスするので、間違ってはない(ハズ)ww

 

とりあえず、出発前に必要な手続きはこんな感じ。

 

渡航前に必要な手続き

・海外転出届け(住民票)

・国民健康保険

・住民税

・国民年金

・マイナンバー

です〜。

 

それでは、一つずついきましょっ。

 

 

 

住民票

住民票

住民票を「抜く」

 

1年以上渡航予定がある方は、住民票を「抜く」必要があります。お住いの市区町村の役所に行き手続きを済ませます。

渡航期間を聞かれますが、「任意」なので無難に1年としておくのが良いでしょう。

 

出発する10日〜1週間前くらいには済ませておきたいところです。

 

ポイント
届け出に必要なものは、

本人確認できるものと印鑑があればOK。ただ、お住いの自治体によって変わるのでご確認を。 

 

 

 

国民健康保険

健康保険

 

住民票を抜いた時点で、国保を脱退したとみなされるので納付義務がなくなります。(その月の分は納付してね。)

渡航中は、海外保険に加入しましょう。

 

▼ニュージーランド に行くなら、この2社がオススメ↓↓

>>Orbit Protect

>>Uni-Care

 

▼短期で行かれる方はこちら↓↓

>>損保ジャパン日本興亜

 

怪我や病気にはくれぐれも注意しましょう。出発前にはっちゃけすぎて怪我して病院行ったら全額自己負担になってしまうかも。

 

 

 

住民税

住民税

 

最初に大切なことを言うと、住民税はその年の1月1日時点で日本に住民票があるかどうかで決まります。

例えば、

2017年(去年)12月31日に渡航した方は、2018年度の住民税は発生しません。

しかし、2018年1月1日に渡航した場合は2018年6月1日から1年間の住民税が発生します。 

 

住民税は5月31日〆で6月からカウントされ年に4回に分けて納付する義務があります。(個人事業主など)

免除制度などもありますが、免除をしない市区町村もあるみたいなので、確認するのがベターですね。

補足
税を管理する人を選ぶ事が出来ます。渡航中に収入があったり、毎年確定申告している方は代理の方に手続きをお願いしましょう。家族が無難でしょうが、税理士にも依頼できます。 

 

 

 

国民年金

国民年金

 

絶対ではない

 

こちらは「任意」なので手続きをする必要が必ずしもあるわけではありませんが。

当然ですが、納めなければ将来の補償額が減るだけです。

(そもそも未来なんて補償されてない)

 

前年度の所得によっては免除や猶予があるみたいなので、気になる方は年金事務所にお問い合わせください。(役所では対応出来かねます。

 

 

 

マイナンバー

マイナンバー

 

海外転出届を出した場合、マイナンバーはその時点で失効になります。

しかし、失効後各自で大切に保管しておいてくださいね。

 

僕がワーホリでニュージーランドへ行って時に、現地で銀行口座開設・IRDナンバー(働く為に必要な手続き)申請時に必要になりました。

日本のマイナンバー何の役に立つのやらと疑問に思いましたが。。

 

 

 

最後に

free

 

はっきり言うと、海外3ヶ月くらいの方は特に何もする必要はないです。

6ヶ月〜1年又はそれ以上行くとなると、各手続きは避けては通れないでしょう。

 

役所手続き一度に済ませたい方は、こちらを持っていけば間違いないでしょう↓↓

 

手続きに必要な物

・身分証

・パスポート

・ビザ

・印鑑

・保険証

・年金手帳

・マイナンバーカードor通知カード

 

※一概には言えないので、お住いの市区町村の役所に確認してから手続きにいきましょう。

 

 

はい、そんな感じでこれで直ぐにでも手続きに行って来月から海外行けますねw

役所関係の手続きは面倒ですが、いやらしい話ちゃんとやっておけば次の年に痛い目に合う事もないので、やっときましょっ!!

 

ゆーし

 

海外へ旅行するなら、こちらも合わせて読んでみて下さい

 

>>海外旅行をするメリット・デメリットとは? 平成最後の夏はノリと勢いで!!

>>旅をしたい人へ。30代だからこそできる旅。①

 

0




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

好きなことを発信しようと思いブログを始めました。当ブログ『ヒトツナソラ』を運営。「30代からでも好きな事を自由に!」をコンセプトに。海外サッカーと旅と自然と苔を愛してます。