ニュージーランドへワーホリで行った決め手はなんだったのか?

NZ きっかけ

こんばんは、トラベルライターゆーしです。

 

先日ニュージーランドでお世話になった方とお話をする機会があり、色々感じる所があり自分が完全にニュージーロスになっている事に気がつきました。

気がつくというよりはハッキリした?感じです。

 

誰にでもある経験ですが、誰かに会って気づかされることって結構多くないですか?

自分が心から求めるものは、案外そういう所にヒントやこ答えがあったりします。

 

このブログではワーホリについて少しお話していますが、ニュージーランドへワーホリをしに行く決意をした決め手はなんだったのかをお伝えして行こうかと思います。

 

ニュージーランドを選んだ大まかな理由は

 

・人間関係に疲れた

・自然を満喫したかった

・マイナーな国

 

です!

 

ざっくりすぎるし、だいぶ雑ですねっww

一つずつ説明してきます。

 

 

 

NZへワーホリを決めた『きっかけ』

 

僕は以前オーストラリア(以下AUS)へワーホリをしていた事があって、その頃に隣国ニュージーランド(以下NZ)に強い憧れみたいなのを抱きはじめました。

と言うのも、AUSのワーホリに少し疲れて広い国だけど、割と早い段階でお腹一杯になってしまったからと言うのが根底にあります。(AUSの関しては別で詳しく書く予定)

 

自然が多く広大な国で間違いはないですが、都会的な所も多く少し人間関係に疲れてしまい

「海外きてまで何でこんな事に悩んでいるんだろ」って思いはじめ少しナーバスになってました。

その後日本に戻ってからも、NZにずーっと”片思い”をしていて、どこかもどかしい気持ちが心の中にあって行かなきゃ行けない気がして、気がつけばオークランド行きの航空券を買ってました。

 

 

 

なぜニュージーランドなのか?

 

NZって少しマイナーな国で、聞いたことはあるけどお隣の国AUSが大きすぎて目立たない。けど良い所は、大きなビルもないし人口も少ない。(約490万人)

みんなが知っているであろう「オークランド」ですら東京の人口の10分の1くらいの人口だし、きっと過ごし易いんだろうな〜と感じていました。

 

NZへ来るワーホリメーカーが多国籍で出会いも多そうだなって所が1番期待していたポイントです。

実際に多国籍の友達が出来ました。それに、自然好きな方は一度はチェックすること間違いないくらい自然豊かな国で、自然を満喫しながらのんびり過ごせそうって直感で感じたのが最大の決め手になったかなー。

 

 

 

こんな人にオススメ!

 

・人が多い所が苦手な方

・忙しく過ごす日々に疑問を抱いてる方

・コンビニをあまり利用しない方

・大自然に触れ、目を瞑り大きく息を吸い込んで美味しい空気を吸いたい方

 

は間違いなくニュージーランドを満喫できます!

 

また、ニュージーランダー(NZの人)は人当たりが優しく、一歩引いた所から意見を言ってくれるのでそう言った意味では日本人に近い感じがするかもしれません。(人によるけど)

特に海外初心者や、長期で行かれる方にはぴったりの国だと言えます。

困ってる人がいると助けてくれるし、良い人多し!

 

 

 

まとめ

 

必ずしもワーホリや長期旅行が正しい訳ではないけど、一歩外へ出てみれば日常生活が大きく変わり新しい気持ちとワクワクがとまらない日々が待ってます。

 

ワーホリって何でも出来る、

つまりやりたい事何でも出来てしまうので、来る前にある程度やりたい事を固めて行かないと難しいのかなって所もあります

 

それでも、NZは国自体が大きくないし比較的周りやすく人も優しいので、現地に来て数日過ごしてからやりたい事を決めるのもアリです。人生長いようで短いので、『1年』をどう捉えるかは人それぞれですが、長い目で見て他の人とは一味もふた味も違う1年を過ごしてみるのも良いのではないでしょうか?

 

 

※ワーホリやニュージーランドに関する疑問や質問がありましたら、下記のコメント欄にご連絡ください。

 

よろしくお願いしまーす。

 

ゆーし

 

関連記事:【きっかけ】一歩を踏み出せない人へ。”きっかけ”に気づく事が、全ての原動力になる。

関連記事:ニュージーランドのワーホリビザを自分で取得してみよう!ポイントは、【手順と健康診断】

0




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

好きなことを発信しようと思いブログを始めました。当ブログ『ヒトツナソラ』を運営。「30代からでも好きな事を自由に!」をコンセプトに。海外サッカーと旅と自然と苔を愛してます。