W杯2018・全64試合観た、ゆーしが決勝戦フランスークロアチアを振り返る。サッカーに興味を持ち始めた方必見です!

W杯 ロシア ワールドカップ 2018

こんばんは、サッカーライター・ゆーしです。

 

昨日、ワールドカップロシア大会決勝戦 フランスークロアチアの試合が行われフランスが4−2で見事勝利し2度目の優勝で幕を閉じたW杯。

 

まずは、優勝したフランスに心からおめでとう!と言いたいです。そして準優勝と言う素晴らしい結果と戦いぶりに魅せられたクロアチアに拍手を送りたいです。

 

また、大会を盛り上げてくれたサポーターやスタッフ・サッカー関係者・出場32カ国・このロシアと言う舞台を目指し戦ってきた国の選手達。数えきれない多くの方がワールドカップに参加し盛り上がりを見せてくれた事は間違いありません。

 

話し出すとキリがないので、昨日の決勝戦フランスークロアチアを振り返りつつ今大会をまとめます。

 

 

経験豊富な最年少チームが世界No.1に

フランスが優勝し幕を閉じたこの大会だが、レ・ブルー(フランス代表の名称)は決して前評判が高かった訳ではない。最右翼と呼ばれていた国が軒並み早い段階で敗退し(スペイン・ドイツ・ブラジル)、サッカーにあまり興味のない人にとってはこの決勝戦のカードは??と言ってもいいかもしれない。

 

このチームの特徴は、ベテラン・中堅・若手がバランスよく機能して誰が出ても監督の期待に応えることの出来るベンチワークが特徴で年齢に関係なく各ポジションにチームを引っ張れる存在がいるのも他のチームと異なる部分である。

 

キャプテンのGKロリスは所属チーム・代表でも経験豊富でチームをまとめる(まだ31歳)で、これから先の大会も含めとても楽しみのあるチームが未来に希望を持たせてくれたことはとても大きな優勝になったのではないかと見ている。

 

平均年齢25.6歳のフランス代表でとても若いが、まだまだ荒削りなチームと言った印象も拭えなくはないが、その反面”未完成”だからこそ今後の成長が楽しみだし黄金時代が来るかも?と言った声も上がり期待せずにはいられない。

 

 

監督の”大きな決断”が試合の行方を決定づけた

決勝戦、後半早々の10分にここまで出場した試合で素晴らしい活躍を見せていたMFカンテに代え、エンゾンジを投入。最初は驚きを隠せなかったがこの交代が結果クロアチアに流れを持っていかせない見事なデシャン監督の采配になった。

 

力ずくで攻撃を仕掛けて来るであろう相手に対し、力には力をと言うことでパワータイプのエンゾンジを入れることでクロアチアの反撃を抑えつつカウンターで2点を取り優勝を手にした采配が彼の経験を物語る。

 

2016年ユーロ大会決勝戦まで勝ち上がり、あと一歩のところでポルトガルに敗れ準優勝した2年前の悔しさや周囲の”超守備的なサッカーと言う声をよそに手にした今回の優勝は監督にとっても価値ある勝利で彼自身も偉業を成し遂げた。

 

98年自国開催のフランスW杯でキャプテンとしてチームを牽引し優勝を成し遂げ、今大会は監督としても優勝を手にし史上3人目となる”選手・監督”での栄冠を手にした数少ない監督となった。

 

歴史に名を刻んだのに間違いないが、これから来るであろうレ・ブルーのサッカーをどう美しくしていくかがとても楽しみである。

 

 

大健闘のクロアチア

歓喜の裏には悲しみがあるーー

 

とはよく聞くが、今回クロアチアが見せてくれたサッカーは観る者に勇気を与え感動をも呼び込んでしまうような洗練されたサッカーをしここまで勝ち残ってきた。

決勝トーナメント3試合連続延長戦を戦いぬいて苦しみながらも見応えのある試合を重ねてベテラン勢が最後まで諦めずピッチを走る姿に胸を打たれたのは僕だけではないはず。

 

まさに皆んながヒーローのクロアチアだが、スタンドやクロアチア国内で観ているサポーターが試合後彼らを讃える大きな拍手を送っていたのも頷ける。人口400万人の小さな国が一体となり最後まで感動を与えてくれた彼らの応援がピッチに立つ選手を動かし素晴らしいチームワークでまとまり、動かした。

W杯史上最高成績2位が今後のクロアチアサッカー・そしてクロアチアと言う小さな国がどうかわるのかが興味があり期待して追って行きたい。

 

 

まとめ

熱いワールドカップはフランスが優勝と言う形で幕を閉じたが、4年後に向けて各国が研究に研究を重ねどんなサッカーでどんなダークホースが現れるのかがとても楽しみで仕方がない。

今まで優勝候補と言われて来た国が、確実に何か見直しがあるはずだし日本サッカーも今後確実に何かが必要なのは明白で、W杯後の楽しみと言えばこの”どう変わるか”という点に注視して見ていきたいところだ。

 

とりあえずは、暫くサッカーはリーグ戦に注目して観ていきます!

 

それではまた何処かでお会いしましょう。

 

ゆーし

 

▼こちらも合わせて読まれています。

 

→→【FIFAランキングってなに??】これを見れば解決。W杯をより一層楽しくみられます!

 

→→【日本代表のW杯を振り返る】16年後のワールドカップを目指せ!!

0




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

好きなことを発信しようと思いブログを始めました。当ブログ『ヒトツナソラ』を運営。「30代からでも好きな事を自由に!」をコンセプトに。海外サッカーと旅と自然と苔を愛してます。