【旅するコツ】楽しむために”意識すべき”2つのポイント。「自己責任」と「日本代表」

こんばんは、ゆーしです。

 

僕はいま日本で働いてますが、昨年のこのぐらいの時期に帰国したなぁって言うのを思い出した。

 

旅の途中でパスポートをとられ、旅が終わったのはいい思い出です笑

 

僕は完全に油断してました。不注意です。

ですので、旅や旅行する時は危険は常に隣合わせだと言うことを忘れないで下さいね。

 

そんな僕の経験から、旅をする上で“意識してほしいこと”2つあげますので良ければ参考にして下さい。

これを意識すれば、旅を楽しめます!

 

 

全てが自己責任

 

海外に出たら全てが自己責任

 

よく、治安はどうなの?安全なの?と聞かれますが。

 

正直な所、現地に行ってみないとわからない事が多いです。

 

行く前に準備としてネットなどで情報収集出来ますが、少しでも不安に思ったり治安を気にするならそこには行かない事をおすすめします。

 

行きたい所に行くのは簡単ですが、行かない選択肢も必要です。

自分で責任が取れる範囲(海外で自分だけで対応できるか)を理解しましょう。

 

僕たちは、日本という安全を代表するような国で生まれ育ち、”危ない”と言う事を学ばないまま大人になりました。

 

・外で携帯をいじれる

 

・自動販売機がある

 

・夜道を歩ける

 

・カフェなどで席取りするために荷物を置いて、注文に行く

 

日本ではよくある場面ですが、海外では殆ど目にしません。

 

これらって全て「不確かな信用」から成り立ってますよね?

本当はものすごい危険なんです。

 

日本が安全というよりは、たまたま被害に遭ってないだけで、海外に行くと被害に遭う確率はグッと上がります。

これを知っておくだけで心の準備は出来ます。

日本で危機感を養おうと思ってもなかなか難しいですし。

 

出来ることは、

 

基本的な事に注意し、周りを見る癖を普段から意識していればトラブルに巻き込まれる機会は減ります。

 

親や友人は海外に行くってだけで心配します。一人でも良いので、その不安や心配を取り除いてから行きましょう。

 

 

命さえあればなんとでもなる

 

おそらくこれを体感するのは難しいですが、“自分は日本人の代表として見られている”と言うのを忘れないで下さい。

 

海外の人は日本人にたいして、『真面目でよく働く』と言うイメージを強く持ってます。

 

合わせて、先輩達がつくってきた日本の良いイメージを壊さないで旅をしてほしいです。

 

 

『真面目』『日本人』『旅人』って、めっちゃかっこいいと思いませんか?笑

 

変に気張る必要はありませんが、これから出会う旅人に良い日本人らしさを出して下さいね。

 

日本に興味ある人も多いのもありがたい事です。

 

得する事もあれば、損する事もあると言うのも忘れてはいけません。

 

海外へ渡れば誰しもひとりになります。

自己責任」と「日本人代表」、頭の片隅でもいいので覚えておいて下さいね。

 

旅は楽しんだ者勝ち!

 

ゆーし

 

旅や旅行好きなら、読んでおいて損はない記事

 

→→旅をしたい人へ。30代だからこそできる旅。①

→→海外旅行をするメリット・デメリットとは? 平成最後の夏はノリと勢いで!!

1+




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

好きなことを発信しようと思いブログを始めました。当ブログ『ヒトツナソラ』を運営。「30代からでも好きな事を自由に!」をコンセプトに。海外サッカーと旅と自然と苔を愛してます。