自己否定をしてしまう人へ。否定してしまう原因と、否定をやめる方法

手 感情

こんばんは、ゆうしです。

 

社会に出て働き始めると、たくさんのステージをクリアしていかなきゃいけない状況っていっぱいありますよね。

その中で

 

「〇〇だからできない」

「私、俺には無理」

 

って、やる前から自分を否定してしまうって事もありますよね?

 

そんな時は、

 

生きている事を褒めろ!!

 

です。

でもね、まず「否定する理由」がどこからくるかって気になりますよね。

 

 

周りの目が怖くて自分を否定してしまう

 

他人の意見を気にしがち

まず、「否定する」とはどうゆう事なのか。

 

自分を否定してしまう根底にあるのは

 

周りの目

 

周りの意見に左右されてしまう自分が怖くて、自らを蔑んで否定してしまう→否定すると辛いだけではなく、自己嫌悪に陥る

 

社会に出ると当たり前のように、こういう状況はやってくる。

学校じゃ教えてくれないから、結局は自分で這い上がるしかないんだけど。

 

関連記事:「恥ずかしい」って気にしているのは、自分だけだから恥ずかしがらないで。

 

 

否定すると、言い訳が増える

子供 サポート

 

それでも「そんな事ないじゃん!」って応援してくれる人がいる。

けど、そーゆー人に対しても

 

「〇〇だから出来ない」

「〇〇には自分の気持ちなんてわからない!」

 

って言い訳するようになる。

 

自分で自分をどうしていいかわからないのに、救いの手を差し伸べてくれる人が側にいる人の意見を拒絶してしまうと本当に見えない所まで自分の事がとことん嫌いになる。

ひどい時は相手のせいにする。心のどこかでは悪いって感じていてもを作ってしまう。

そうなると立ち直るのは難しい。

 

誰か一人でも心を開ける人がそばにいると生きられる。

 

 

自己否定をしないためには

 

じゃあどうすれば、自己否定しないようするか。

 

自分でも出来る事を探す

 

どんなに小さなことでもいいから、自分ができる事を考えてみる。頭使って手うごかして五感で感じて。

 

大人になると、大きな事ばかり考えすぎて目の前・足元にある小さな光が見えなくなる。

子供・大人関係なく、生きてゆく上で自分に出来る事が必ずある。

それは、自分の為でもいいし相手の為でもいい。

 

最初から出来る人間なんていなくて、どんな有名な人だって成功者だって最初は失敗・出来ないことから始めてきた。

それが少しずつ出来てきて自信に繋がる。

 

それと、子供を真似て無邪気に遊んでみるのもいい。

子供ってやる前から、出来る出来ないで判断してないでしょ?

 

大人って面倒なんだ。色々考えすぎてしまうから。

 

子供と遊んで、無邪気な自分を褒めてあげましょう。

 

関連記事:【子供のように遊んで生きる】無邪気な大人のつくり方。

 

 

生きている事、褒めてください。

 

 

さいごに

子供 笑顔

 

自分のことをずっと好きでいるのは簡単ではないけど、時には自分を褒めて生きていきましょう。

 

僕はこのブログを始めた頃、全くの初心者で続けられる自信がありませんでした。

それでも、「ブログ見たよー、励みになった」って言われると、自分にも出来るんだ!って自分を褒めます。

 

自分に出来る事を探して、人生ポジティブに変えていきましょ!

 

ゆーし

 

合わせて読みたいこちらの記事↓↓

>>トラウマとうまく付き合っていくには、発信するのが一番いいと思ったので書いてみました。

 

1+




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

好きなことを発信しようと思いブログを始めました。当ブログ『ヒトツナソラ』を運営。「30代からでも好きな事を自由に!」をコンセプトに。海外サッカーと旅と自然と苔を愛してます。