【留学考えてる方必見】セブ留学で失敗しない為の語学学校の選び方。

こんばんは、ゆーしです。

 

連日どうしようもないくらい暑いですね〜。

この世に『エアコン』を誕生させた人を誇りに思います。

 

こう暑い日々が続くと、フィリピンにいた頃を思い出します。今から5年前になるんですが、僕はフィリピン・セブ島で語学学校に2月程通っていました。

 

そう、留学です。

 

これから夏休み利用して留学考えてる方や、旅に出たいけど英語少し不安で勉強したいなって方にセブ留学を視野に入れておくのもアリなんじゃないって事で語学学校はオススメです。

 

僕の感覚ですが、語学学校通うなら2ヶ月くらいが失敗しない期間だと思います。

 

▶︎【保存版】フィリピン・セブ留学(2ヶ月)に必要な持ち物リスト

 

そもそも、フィリピンへの留学するのってどんなイメージでしょうか??

 

なんか安そうだけど、実際どうなの?2ヶ月って短くない??

 

実際に行ってみて、2ヶ月はちょうど良いと感じました。

 

3ヶ月コースが主流ではありますが、1ヶ月目はあっという間→2ヶ月目は楽しくなって来た、英語もっと喋りたい!と良い感じの所で留学を終えて、もっと勉強したいんじゃ!と言うモチベーションが高いまま次へと旅立てるので2ヶ月間を推奨します。

 

(3ヶ月留学していた友人何人かは、3ヶ月目は楽しいけど飽きる・ダレると言う意見もありました。)

 

フィリピンの物価に関しては、日本よりは安いです。

僕は他国でも留学経験(オーストラリア)があり、そのひと月分の費用でセブに2ヶ月留学出来ると言った感覚でしょうか。(詳細は後ほど書きます)

 

なので、安く行くなら断然フィリピンオススメです。

 

僕は代理店を通して入学したので、多少値段が跳ね上がりましたが、現地へ着いて見学したのち語学学校を選ぶのが一番安く済みますし確かです。

 

今回は僕がセブの語学学校に通っていた頃の体験談を踏まえて書いていきます。

 

留学安くしたいし、英会話そこそこ出来る様になりたい方は参考にできますよ!

 

 

 

なぜセブなのか

 

最初になぜ、セブに留学したのかを書いていきます。

マンツーマン授業に特化し、1:1で話せる時間が多い

フィリピンではタガログ語と言う自国の言語がありますが、多くのフィリピン人が英語を話します。英語を話す人口が世界で3番目に多いとか。

 

最大のウリは費用を抑えて、マンツーマン授業が受けられるのが特徴です。

 

日本人はとてもシャイで大勢いる前だと萎縮して発言できなかったり「間違えたらどうしよう」って考えがちな為グループ授業には向かないと感じています。

 

先生との1:1なら間違えても恥ずかしくないですし、わからない所があれば聞いたり待ってくれる時間も設けてもらえます。

 

英語でありがちな”くせ”も強くないですし、ゆっくり話してくれるのが助かるかな〜って印象です。

 

フィリピンの語学学校は激戦区なので、大学を卒業し英語を教える厳選しいテストを通過して採用された質の高い講師陣が多いのが特徴的です。って載っていましたw

 

何と言っても安さが魅力!!

 

先程も書きましたが、費用は他の国に留学するよりも約半分に抑えられ物価も日本より安いです。

セブは観光地でマニラに比べれば安全(絶対とは言い切れない)で生活面での出費も抑えられますし、夜飲みに行っても一人1,000円ちょっとですみます。(酒豪は除く)

 

さらに言えばマリンスポーツ好きな方は、スキューバダイビングのライセンスが短期間で取れるとか。

僕はあまり興味がなかったのですが、友人が週末を利用し取っていました。

 

また基本どの語学学校のも食事はついてますが、地元の人が入る食堂の料理は安くお腹を満たします。

1食150円くらいで、肉+ご飯+ボイル野菜が付いてきます。

 

味の保証はしませんが、胃に自信がある方にはオススメです!

 

オープンマインドな正確に憧れて

 

授業内容や安さに惹かれフィリピンに留学したいなと思っていた部分はありますが、僕自身最大に決め手は

彼らのオープンな性格に憧れていたから です。

歴史を辿れば過去、スペイン・アメリカの植民地だったフィリピン。きっと彼らの性格がオープンなのはこう言った歴史があるからなのかもしれません。

 

人懐っこくて親日家が多いフィリピンーー。

最初は戸惑いましたが、僕の性格と彼らの性格がフィットしすぐに仲良くなれました。

 

 

性格が合う=会話が進む

ので、引っ込み思案な性格よりはオープンな性格な方が合うかもしれません。

笑顔が素敵で、いつも歌を歌っている陽気な彼らですが真面目な先生も多いので、オンとオフははっきりしている印象を受けました。

 

よければ、こちらを参考にして下さい。

▶︎【人懐っこいフィリピン人】マイペースでのんびり屋さんはフィリピンに行くべし!

 

 

セブでおすすめの語学学校

セブ市内中心部にある、ZA English(旧UV ESL)という語学学校です。

(名前が変わっていて悲しい。。)

 

ZA Englishについて

 

住所:フィリピン Lungsod ng Cebu, a6000 ZA-ENGLISH UV Campus, UV Banilad, Gullas Medical Compound

僕が通ってた頃と名前が変わってしまったので、馴染みないですが近くに大きなショッピングモールがあった気はしてます。歩いて行くには遠いいですがジプニー(乗合バス)を使えばすぐいけます。

残念ながら、海や空港からは遠いのが難点です。

 

学校の印象は、※韓国経営(当時は)なのでコリアンが多いです。韓国の大学と連携しているそうなので、毎年多くの留学生がきています。他にはタイから数人きていました。

割合は日本人5:韓国人4:タイ・その他1と言ったところでしょうか。

どちらにせよ、英語での会話になるので話せないうちは少し大変です。

 

※現在は日本人経営になったので、何かあれば相談しやすいですね。

 

授業について

 

マンツーマンがメインになります。一般英語コースは、1:1の授業が3コマ、グループ授業3コマ(今は1:1が4コマ、グループが2コマ)になります!

グループ授業は少なくて3人、多くても8人くらいです。

講師陣は若いです。20歳前後で、生徒も大学生が殆どです。(時期によりますが。)

 

コースの紹介

2015年にZA Englishに変わったのに伴いコースの料金が変更になりました。

なので、一部のみですがこちらになります。

 

ESL Generalコース

期間 1週間 2週間 3週間 4週間 8週間 12週間
1人部屋 ¥81,590 ¥125,370 ¥169,150 ¥199,000 ¥398,000 ¥597,000
2人部屋 ¥71,750 ¥110,250 ¥148,750 ¥175,000 ¥350,000 ¥525,000
3人部屋 ¥65,600 ¥100,800 ¥136,000 ¥160,000 ¥320,000 ¥480,000
4人部屋 ¥59,450 ¥91,350 ¥123,250 ¥145,000 ¥290.000 ¥435,000

入学金・教材費・電気代は別途かかります。

参照:料金表

 

ちなみに

参考になるかわかりませんが、2013年に留学した際に支払った内訳は以下の通りです。

 

●UV ESL Generalコース 1人部屋(寮) 8週間
 
 
・入学金 ¥20,000
 
・留学費(授業料・食事3食・部屋代込み) ¥314,000
 
・教材費 8h/1d ¥5,000
 
・VISA延長費(30日以上滞在の場合、1回延長) ¥6,500
 
・就学許可証 ¥12,000
 
 
・管理費 ¥2,400
 
・電気代 使用分(そんなに高くない)
 
・海外送金手数料 ¥4,500
 
 
・寮保証金(デポジット) ¥5,000
 
 

合計 ¥323,500

 

当時、外国へ行くのが初めてだったので代理店を利用しました。

なので、手数料がいくらか取られていますが、明らかに当時の方がやすいですね。。

 

あとは重要になってくるポイントはビザ延長料金。

入国日から数えて30日間は、入国時に押されるスタンプが滞在許可の印になりますが、31日以上滞在する場合はビザの延長が必要となります。

そんなのわからないって方でも大丈夫です。パスポートと現地通過を用意出来れば語学学校で手続きができます。

 

ビザ延長料金(手数料込)

料金(ペソ) 留学期間
3440 8週間
4710 12週間
2740 16週間
2740 20週間
2740 24週間

 

詳しくは語学学校のスタッフに聞きましょう。

 

もしも、オーバーステイ(違法滞在)してしまったら?!

語学学校にいながら、まずあり得ないと思いますが絶対ないとも限らないので一応。

 

 

すぐに移民局に行きましょう!!

 

罰金として1日あたり500ペソ、1,054円(2018年7月19日現在)かかるみたいです。

英語できなくても良いので、ここだけは絶対に注意しておきましょう!!

 

 

セブ滞在にかかった費用

ドミトリー(寮)

 

フィリピンの語学学校では、入学したその日又は前日からドミトリーと言う全寮制で生活をすると言うのが一般的です。

どの学校にも宿泊費込の費用を提示しており、大体が1−4人部屋になっていて他国の生徒と交流するには良い交流の場になります。

授業外で英語を使いたい方は3−4人部屋をオススメしますが、授業以外はリフレッシュしたい方は当然一人部屋が良いですね。

部屋料金表

 

僕は一人が良かったので、1人部屋を選択。

部屋はこんな感じでした↓↓

勉強して、寝るには十分な広さですしエアコン・扇風機が二つあるので助かります。

 

・Wi-Fi

各部屋(か2,3部屋)の外にWi-Fiルーターが備え付けられています。

やだ割とすぐに切れたりする事も多かったので、動画を観たりするのには適しません。

ただ必ず電波が良いスペースがあるので、そこを探しにフラフラするのが楽しいです。

 

携帯や動画観る時間があったら、留学生と絡んで英語を積極的に使いましょう。

大丈夫、みんな『留学生』なので、完璧な英語を話す人なんていません。

間違っても問題ありません。

ここで失敗を繰越し間違えることが、授業やテスト・もっと言うと先の旅で失敗しない為に繋がります。

積極的に話しかける。は話せるようになる為のステップです!

 

・食事

朝・昼・晩と3食ついています。

以前は韓国人経営だった事もあり、ほぼほぼ辛い物ばかりで厳しかったですが、今は日本人経営に変わっているので食には困らなさそうですね。

 

外食は主にに、食堂・レストラン・ファーストフード店に行く事が多かったです。

ざっくりですが、いくらぐらいを目安にして外食するかをまとめました。

 

◯食堂

50ペソー100ペソ(105円〜210円)

◯レストラン(ショッピングモールの中にある店)

300ペソー1,000ペソ(630円〜2100円)

◯ファーストフード店(ジョリビー)

セットメニュー

55ペソー100ペソ(116円〜210円)

 

☆Jollibeeはビンボー留学生に格安で提供してくれる最強の助っ人です。フィリピン国内では圧倒的人気を誇ります!

Jollibeeのサイトはこちら

 

 

スーパーに売っているマンゴーや、出店の焼鳥なども美味しいので、チェックしてみて下さい。

 

 

・番外編

外食や外に出かける際に、お手洗いにいく事もありますよね?

絶対にトイレットペーパーを持ち歩いていて下さい!

 

Toiletpaper is most important!!

 

です。(大事な事なのでつい2度言ってしまいました。)

信じられないかもしれませんが、付いていない事はよくあります。

大きなショッピングモールにさえこの様な事態があるわけです。

 

今この記事を見て頂いてる方はとてもラッキーです☆

芯を外して潰しておけば嵩張らないので、トイレットペーパーは外出時の必需品です。

 

 

セブ語学学校に通った感想

 

2ヶ月という期間で感じたことを書いてみます。

仲良くなりすぎると、授業じゃなくただの会話で終わる。

1:1に力を入れいる分、同じ先生との授業を重ねて行くと仲良くなり過ぎて「友達と会話している感じ」で1コマ終わってしまったと言う声もありました。

仲良くなって英語も上達しているんだと実感できますが、『授業』と言う点では物足りないって方もいたので参考までに。

 

慣れるまでは結構しんどい

言語が違い、文化の違う国に来て全く知らない人の共同生活を英語でするとなると相当しんどいです。

最初の頃は英語話せないですし、英語が上達しているバッチメイト(同期)を見ると内心めっちゃ焦りました。

それに、食生活が合わないともう帰りたい気持ちになります。

なので、最初は少し覚悟がいるかもしれません。

 

もっと来る前に勉強しておけば良かった

これに尽きます。

 

留学しに行くんだから、今話せなくても問題ないでしょう。ってなめていました。

 

いきた英語は想像以上に聴き取れなくて、クラス分けテスト(入学時に各々のレベルチェックテスト)で散々な結果でした。

そんなに難しい勉強をする必要はないですが、英単語を1日何個か覚える練習を身に付けておけば低めのスタートラインに立つ事は避けられます。

 

▼オススメです。

created by Rinker
¥1,296 (2019/01/19 00:40:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

最後に

 

僕が2ヶ月間、フィリピン・セブの語学学校通っていた事を書きました。

お金節約したい方は、間違いなく一番安い4人部屋が良いですし英語を使う機会が増えると言うメリットがあります。10万円近く差が出て来ると思いますので、じっくり調べてなるべく代理店に頼らずに語学学校を決められれば更に安くいけます!

 

今回ご紹介したのは、セブの語学学校ZA English(旧UV ESL)

です。

友人たちの中でも評判がよく、講師陣の質も高いと言われています。

それに加え、休みの日は少し足を運べば綺麗な海もあるし観光スポットも多いのがセブの魅力です。

 

初めての方も、過去に留学経験がある方も楽しめると思いますので、英語一緒に頑張りましょう!!

 

ゆーし

 

 

こちらも合わせて読みたい記事

 

→→開き直って海外へ出たら、いつの間にか悩みが消えていた嘘のような本当の話。

 

→→【旅するコツ】楽しむために”意識すべき”2つのポイント。「自己責任」と「日本代表」

 

 

0




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

好きなことを発信しようと思いブログを始めました。当ブログ『ヒトツナソラ』を運営。「30代からでも好きな事を自由に!」をコンセプトに。海外サッカーと旅と自然と苔を愛してます。