「ニュージーランドで、仕事に就けるか不安…」と言う問題を解決します。【ワーホリさん必読です。】

こんばんは、ニュージーランド大好き・ゆーしです。

 

僕は2016年にワーホリビザでニュージーランドに行き、1年間で4つの仕事に就くことができ、合計10,000ドル以上(日本円にして73万円以上)稼ぐことが出来ました。 

英語がペラペラではなかったけど、滞在費を補うことが出来たし、お金を稼ぎながら異国の友達を作ることが出来ました。いいことしかない。 

 

●本記事のテーマ

「ニュージーランドで仕事に就けるか不安…」を解決してゆきます。 

 

結論から言うと 

仕事をゲットするのは、①仕事の情報を調べる、②渡航するタイミング、③直接聞いてみる 

この3点を注意すれば、ほぼ間違いなく仕事ゲット出来ますよ。 

 

英語がペラペラじゃなくても、NZで4つの仕事に就けたワーホリ経験者の僕が語ります。

 

 

 ニュージーランドで仕事をゲットするためにはどうするか?

同じことになりますが、この3つです。 

 

①情報を調べる

②渡航するタイミング

③直接聞いてみる 

 

 

仕事の情報を調べる 

ニュージーランド に行ってから仕事の情報調べればいいやと思ってないですか?

 

ワーホリさんがニュージーで仕事を得るには、”早い者勝ち”みたいなところがあります。 

 

●仕事情報の調べ方

①日本にある間に事前に仕事の情報を調べる

②まずは自分が興味ある仕事を絞る

③職種を絞ったら、どこに行けばその仕事が多いかを調べる 

 

たったこの3つを日本にいるうちに実践するだけで、だいぶ違います。

予め調べて置くことで、仕事探そうとした時の一歩めが、他の方と圧倒的に変わってきます。 

 

●NZ仕事求人サイト

短期ジョブなら 

backpackerboard 

seasonaljobs 

trademe 

 

日本語OK 

nzdaisuki.com 

 

  

渡航するタイミング 

少しの『運』が必要になりますが、 

 

渡航するタイミングを見極める事が、仕事をゲットする為には大事になってきます。

ニュージーランド は日本の都市部とは違い、春・夏以外はほぼ仕事がないです。 

 

・日本の夏休み時期=NZは真冬 

・日本の紅葉のベストシーズン11月=NZへいくタイミング 

 

現地の人ですら、短期の季節労働で生計を立てている程で、ニュージーには仕事が多くはありません。

例え大きな都市部でさえ、観光シーズンでない時期は観光客が少ない為、基本的に募集はないに等しいです。 (根気よく粘れば見つかるかもです。)

 

なので、ニュージーランド で仕事を本気でゲットしたい場合は、NZの春〜夏にかけて渡航するのをオススメします。

日本とは季節が逆だと言うことを忘れないようにしましょう。

 

 

直接聞いてみる 

interview

本気で仕事をゲットしたければ、お店や仕事先がある場所に直接出向いて「仕事ありますか?」と聞くのが一番早いです。

 

日本の様に、まずメールして→履歴書送って→面接して→研修して〜はしません。(大企業は別) 

 

まずは、直接聞いて、話が早ければ「明日面接ね」となります。

なので、心の準備とCV(履歴書)を作成しておきましょう。

 

運が良ければその日から働ける事もあります。 

 

ニュージーランドで働くために必要な3点セットはこちら

が必要になります。

 

それぞれの申請・取得方法などは下記のサイトをご覧いただければ詳しく記載されているので参考にして下さい。

>>IRDナンバー申請方法

>>銀行口座開設

>>CV(英文履歴書の書き方)

 

 

と言うわけで、今回は以上になります。 

ニュージーランド で仕事をゲットして、快適なワーホリライフを送りましょう♪ 

 

ゆーし

 

0




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

好きなことを発信しようと思いブログを始めました。当ブログ『ヒトツナソラ』を運営。「30代からでも好きな事を自由に!」をコンセプトに。海外サッカーと旅と自然と苔を愛してます。