逃げる事は恥ずかしい事ではない。新しい道にでる「きっかけ」にすぎない。

どーも、こんにちはゆーしです。

 

好きな事をしていて挫折しそうになるって誰にでもあると思うんだけど、ぶち当たった時ってどうしていますか?

 

挫折しそうな時って、辛いですよね。

 

もうどうして良いかわからない!ってなります。

 

人に相談したい気持ちと、相談したら何か言われるんじゃないかって恐怖感があって言えずに、一人で抱えこんでしまう人も多いのではないかと思います。

 

そんな時、一つの選択肢として、逃げるのもありかなって思います。

 

逃げる事で、新しい道に出る

 

逃げるとこが悪い事ではなく、あくまでも一つの「きっかけ」だと思っています。

 

ずっと逃げてばかりでは良い印象はないかもしれないですが、1度や2度なら問題ないです。命あっての人生です。

 

生きてさえいれば他はかすり傷

 

1度、その好きな事をしているフィールド・道から外れる事で見えてくる景色があるんです。

 

また戻って来れば良いじゃないですか。

 

逃げる事も、戻る事も選ぶのは自分自身であり、その環境を作るのも自分なんです

 

 

僕は昔、大好きな音楽で食べていきたいと思い挫折したことがあります。

 

今だから思うことですが、その時は表面ばかりみていて中身までちゃんと考えていませんでした

 

コンセプトに欠け、いい音楽を作らなきゃいけないって思ってしまって、音を楽しむどころか気がつくと嫌いになっていたんです。

 

しかし一旦音楽から離れたあと、友人とバンドを組んで趣味としてやり始めたらうまくいきました

 

趣味と仕事は違うよ!って言われそうですが、それは否定はしません。

 

ただ、結果として一度、道を外れて遠くの方から”音楽”を見れた事により、新しい道に出て歩くことができました

 

以前は正面からしか見れなかったことが、少し冷静になって取り組んだら上手くいきました。

 

夢中になれたし、好きな事をしている時の自分を誇りに感じてました。

 

さらに言えば、楽しむ!事だけに集中しはじめたら、色々なアイデアが浮かんだんです。

 

前に挫折した時はずっと一人でしたが、アイデアに対して意見を包み隠さずに伝えてくれる仲間の存在が一番大きかった。

 

同じ方向を向いて楽しく真剣に音楽に取り組む。

 

とてもシンプルな事なんだけど、好きな事を楽しもうとする気持ちが人を動かし、時に心をも動かすことができる。

 

そう思えるようになったのも、逃げた結果がポジティブな物を運んできたのは間違い無いです。

 

逃げた先にあるのは、決して暗闇ばかりではありません

 

逃げたいと思ってこの記事を読んでいるあなたにも同じことができるはずです。

 

勇気を出して、逃げてみて下さい。

 

ゆーし

 

 

関連記事:きっかけ】一歩を踏み出せない人へ。”きっかけ”に気づく事が、全ての原動力になる

 

 

1+




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

好きなことを発信しようと思いブログを始めました。当ブログ『ヒトツナソラ』を運営。「30代からでも好きな事を自由に!」をコンセプトに。海外サッカーと旅と自然と苔を愛してます。