【保存版】フィリピン・セブ留学(2ヶ月)に必要な持ち物リスト 男性編

仕事を辞めて時間があるはずなのに、掃除を全くしていない旅ライターゆうしです。

 

僕は5年前のこの時期、フィリピンへ留学に行っていました。

 

初一人海外で準備を進めていく中で割と時間を要したのが、持ち物選びです。

 

少な過ぎると不安になるし、かと言って多過ぎても嵩張るし危険ですし。。

 

と言う悩みを解決すべく、僕がフィリピンセブに留学した際に持っていった物を大公開しちゃいます。

 

︎関連記事:【留学考えてる方必見】セブ留学で失敗しない為の語学学校の選び方。

 

 

必要最低限の物をリストアップしてますので、荷物を少なくしたい方にオススメですので参考にしてみて下さいね。

 

 

[toc heading_levels=”2,3″]

 

貴重品

 

○パスポート(コピーも2部ほど) 言うまでもなく必須。身分証になりますからね。

 

○航空券(eチケット) これがないと飛行機乗れません。パスポート同様にコピーを取っておくのがベターです。

 

○海外保険契約証書 こちらも必要になってきます。ないと学校に入学すら出来ない所もあります。

→→オススメの海外保険はこちら

 

○国際キャッシュカード 多額の現金を持って行くのは不安ですからね。現地のATMで引き出して上手くやり繰りしましょう。

→→オススメのキャッシュカードはこちら

 

○クレジットカード 高額な買い物をしないって方は必要ないかもです。クレジットカードでも現地通貨は引き出せますが、スキミングにはご注意を。

→→スキミングとは? こちらのサイトが分かりやすく説明してくれてます。

 

○現金(日本円) 学校の先生に日本円を見せましょう。きっと喜びます。また、何かあった時に日本人スタッフの方に立て替えてもらう事も出来ますので。

 

 

電化製品

 

○携帯(スマートフォン) これがあれば無敵です。目覚まし、写真、メモ、辞書、連絡手段全てを網羅しています。その点大切に管理しましょう。

 

○モバイルバッテリー やはり携帯使う事が多いと必要です。外出時は持ち歩くのは危険なので、授業中繋ぎっぱなしが良いです。

 

この商品は現在取り扱いされていません

 

○電子辞書 スマートフォンアプリで代用出来ますが、中には携帯使用禁止の学校もあるので持っていて損はないです。

 

 

医療・生活用品

 

○胃薬・腸内改善薬 日本人留学生の天敵、それは食生活。ストレスや食生活でお腹を下す事はよくある話。現地の薬は怖いので、普段使用していない方でも持って行くのをオススメします。

 

○日焼け止め 思いの外日差しが強いです。これないと直ぐにこんがり焼けます。日焼けは地味に痛いので持っておくと安心。

 

○化粧水 普段使っている方は必要になります。意外と乾燥する場所もフィリピンには多いです。

 

○歯ブラシ・歯磨き粉 現地で購入しても良いですが、嵩張らないので持って行きましょう。

 

○使い切りシャンプー・石鹸 女性の友達や家族から、使い切りシャンプーをゲットして少しずつ使いましょう。なくなったら石鹸で代用出来ます!

 

○カミソリ いつも使用している物を持って行きましょう。

 

○トイレットペーパー これ必須です。部屋に付いていない場合もあるし、外出先の公共トイレに付いてない事もよくあります。芯を抜いて潰せばコンパクトになります。

 

 

衣類

 

○Tシャツ 古着や速乾性のある物にしましょう。古着の場合は、帰国前に捨てるorあげて荷物を軽くしましょう。

 

○パーカー・長ズボン 暑い国で必要ないと思われがちですが、室内や教室は冷房ガンガンで寒いです。1着ずつあれば問題ないです。

 

○靴・サンダル 1着ずつあれば困りません。普段はサンダルで、ナイトクラブなどに行く時はスニーカーと併用出来ます。サンダルは現地で購入するのもありです。

 

○水着 フィリピンは海がきれいです。休日に友達や先生と海に行く機会も増えます。そんな時、持ってないから行けないはもったいない。

 

○サングラス・帽子 日差しが強いので必要です。お店やレストランに入る際には必ず外しましょう。怪しまれます。

 

 

筆記用具

 

○3色ボールペン 言わずもがな超便利ペン。基本、黒ですが大事なポイントはでラインを引きましょう。心配な方は、予備に黒ペン1本持ちましょう。

 

○ファイル 授業はテキストやプリントした物を使い進めていくので、まとめる為の便利品です。

 

○ノート メモ帳でもいいですが、1冊あると色々と使う用途はあります。日記にしてもいいし、先生に日本語を教える時にも使えます。

 

 

日本食(インスタント)

 

○ふりかけ 海外にいますが、間違いなく日本人舌。日本食が恋しくなった時の為に、ゆかりやふりかけは最強です。

 

○インスタント味噌汁・緑茶 食事の時のお供に。他の国の留学生にも評判良いですよ。

 

 

番外編あると便利な物

 

○iPod 英語学習にも、気分転換に音楽を聴いたり出来ます。携帯壊れたりした場合は最悪代用出来ます。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥21,477 (2018/12/14 08:19:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

○ハンガー 乾きが悪い衣類に最適。1人部屋なら洗濯ロープでもいいかもしれません。

 

○洗剤 学校側が洗濯してくれる所が殆どですが、割とルーズな所もあるので自身で手洗いするのもありです。

 

 

治安について

 

何事も日本と比べるのは良くないですが、治安は決して『良い』とは言い難いです。

当たり前の事ですが、夜道を歩いたり、外で携帯を弄りながら歩いたりしてると犯罪に遭う確率はぐーんと上がります。

食事をする際も、テーブルに携帯を置くのはやめましょう。これは隙を見せていて「僕の、携帯盗って下さい」と言っているようなものです。

僕が行ったセブは有名な観光地ですが、その分お金持ちが集まる場所でもあるので狙われやすいです。

子供達は挨拶代わりにGive me momeyと笑顔で近寄ってきます。かわいいからと言って1pesoでも渡してしまったら最後です。途端に子供に囲まれて逃げる事が出来なくなってしまいます。(友人体験談)

 

とは言え、フィリピン人はフレンドリーで優しいですし、先生は真面目で親切です。

 

関連記事:【人懐っこいフィリピン人】マイペースでのんびり屋さんはフィリピンに行くべし!

 

外出の際は、なるべくリュックなどは持たずに携帯と現地通貨をポケットにしまい出掛けましょう。(僕は現金をタバコの箱に入れてました。)

基本的な事を注意しておけば、怖い目にあう事はありません。

 

 

最後に

 

以上、フィリピン・セブ留学に必要な物をお伝えしました。

必ずしも、全て必要なわけではないし行く場所によっても異なる場合もあります。

女性と男性でも違ってきますが、フィリピン留学を考えている方の参考になれば嬉しい限りです。

 

なんだかんだ言っても、持ち物より心の準備が大切ですので、気をつけて楽しんでいってらっしゃい!

 

 

0




コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

好きなことを発信しようと思いブログを始めました。当ブログ『ヒトツナソラ』を運営。「30代からでも好きな事を自由に!」をコンセプトに。海外サッカーと旅と自然と苔を愛してます。